ゲームの無理な話

ゲームに関する話題をまとめていきます。ゲームのシステムについての話や、ストーリーがあるものについてはその中身も扱う予定です。

スポンサーリンク



【遊戯王デュエルリンクス】バスター・ブレイダーと破壊剣士融合が熱い!

デッキに2枚! 破壊剣士の伴竜

遊戯王デュエルリンクスで、第15弾ミニBOX「パワー・オブ・ブレイブ」が配信された。

その中の目玉カードはディフォーマー……

のはずだったのだが、「破壊剣」の追加カードがなかなかに強かったので、紹介したい。

 

 

 

 

 

「破壊剣」とは

破壊剣は「バスター・ブレイダー」をサポートするテーマである。

 

デュエルリンクスでは、3体のモンスターと1枚の魔法カードが出ていた。

ただ、バスター・ブレイダーを素材とする融合モンスターとは相性が悪い部分もある。

そのため、私は採用してこなかった。

 

今回、2枚の新規カードが出てきて、私はこのテーマを見直しはじめている。

 

破壊剣と相性が悪かった理由

ドラゴン族じゃない

なぜ相性が悪いのか?

第一に、種族の問題が挙げられる。

 

「竜破壊の剣士—バスター・ブレイダー」の素材はドラゴン族である。

「超魔導剣士—ブラック・パラディン」は自分・相手のフィールド・墓地にあるドラゴン族モンスター1体につき、攻撃力が500アップする。

 

破壊剣モンスターは機械族や魔法使い族だったため、融合前提のデッキでは邪魔だった。

 

ブラック・パラディンはサポート外

第二に、ブラック・パラディンはバスター・ブレイダーでも破壊剣でもない。

そのため、破壊剣カードのサポートを受けられない。

ブラック・パラディンを使うデッキに、破壊剣カードを入れる意味はほとんどなかった。

 

手札融合ができない破壊剣の使い手

第三に、「破壊剣の使い手—バスター・ブレイダー」は使い勝手が悪い。

 

このカードはフィールド・墓地ではバスター・ブレイダーとして扱える。

しかし、デッキ・手札では扱えない。


だから、手札融合には使えず、「竜破壊の証」でデッキから手札に加えることもできなかった。

今回のカードが登場したことで、待遇が改善されればよいのだが……

 

バスター・ブレイダーを素材とする融合モンスターは、自分のドラゴン族モンスターに関する効果を持つ。

しかし、破壊剣モンスターはドラゴン族ではない。

「破壊剣の使い手—バスター・ブレイダー」や「超魔導剣士—ブラック・パラディン」をサポートしないカードもあった。

 

以上のような理由から、破壊剣カードは融合するバスター・ブレイダーデッキには入らなかった。

 

2枚の新たな破壊剣

破壊剣士の伴竜

今回登場した「破壊剣士の伴竜」は、待望のドラゴン族モンスターだ。

 

召喚時に破壊剣カードを手札に加える。

このカードをリリースすることで、手札か墓地からバスター・ブレイダーを特殊召喚する。

しかも、破壊剣士の伴竜は、手札から破壊剣カードを1枚捨て、墓地から特殊召喚できる。

 

2つめと3つめの効果が同じターンに使えないのが難点ではある。

だが、バスター・ブレイダーを特殊召喚する効果は強い。

デッキに2枚は入れたいカードだ。

 

速攻魔法 破壊剣士融合

破壊剣士の伴竜の1つめの効果で手札に加えたいのが「破壊剣士融合」である。

 

文字通り、バスター・ブレイダーを素材とする融合モンスターを融合召喚する。

手札を1枚墓地へ送って、墓地のこのカードを手札に戻す効果もある。

 

注目してほしいのは、このカードが速攻魔法であること。

バトルフェイズ中や相手のターンでも融合が可能だ。

 

例えば、「ヘル・ドラゴン」が相手モンスターを戦闘で破壊したとしよう。

ヘル・ドラゴンはレベル4で攻撃力が2000である代わりに、攻撃したらエンドフェイズに破壊される。

でも、破壊剣士融合で手札のバスター・ブレイダーと融合すれば、破壊されずにすむ。

 

もちろん、バスター・ブレイダーを召喚した状態でも、同様に融合召喚できる。

 

「破壊剣の伴竜」は「破壊剣士融合」を手札に加え、「バスター・ブレイダー」を特殊召喚する。

破壊剣士融合は速攻魔法で、バトルフェイズの攻撃後でも融合できる。

 

作成例(×20+エクストラ3)

エクストラデッキ(×3)
  • スターダスト・ドラゴン(☆8)×1
  • 超魔導剣士—ブラック・パラディン(☆8)×1
  • 竜破壊の剣士—バスター・ブレイダー(☆8)×1


破壊剣士の伴竜がチューナーなので、スターダスト・ドラゴンも入れている。

おそらく使うことは、まれである。

 

ドラゴン族モンスター(×8)
  • アックス・ドラゴニュート(☆4)×2
  • サファイア・ドラゴン(☆4)×2
  • 破壊剣士の伴竜(☆1 チューナー)×2
  • ヘル・ドラゴン(☆4)×2

 

アックス・ドラゴニュートは攻撃力2000だが、攻撃後に守備表示になる。

ヘル・ドラゴンと同様に、破壊剣士融合でデメリットをカバーできる。

 

その他のモンスター(×4)
  • バスター・ブレイダー(☆7)×2
  • ブラック・マジシャン(☆7)×1
  • 融合呪印生物—闇(☆3)×1


融合素材の代わりになればよいので、融合呪印生物である必要性はゼロ。

今回の融合モンスターは融合以外では特殊召喚できないことも付け加えておく。

 

バスター・ブレイダー関連の魔法カード(×5)
  • 破壊剣士の宿命×2
  • 破壊剣士融合×2
  • 竜破壊の証×1


破壊剣士の宿命は、相手の墓地から特定の種族のモンスターを3枚まで除外するカード。

除外した枚数1枚につき、攻撃力・守備力を500ポイントアップする。

相手がドラゴン族だった場合は使わないほうが強い。

 

竜破壊の証はバスター・ブレイダーを手札に持ってくるのに必要だ。

3枚めのバスター・ブレイダーだと言ってもよい。バスター・ブレイダーを3枚も入れたら手札事故になる。

 

その他の魔法・罠カード(×3)
  • 黒魔術のカーテン×1
  • スタンピング・クラッシュ×1
  • 分断の壁×1

 

黒魔術のカーテンは「2枚めのブラック・マジシャン」枠。

ブラック・マジシャンを特殊召喚したら、このターンは他の召喚が一切できない点に気をつけたい。

 

ドラゴン族が人気! ということは……

ブルーアイズのストラクチャーデッキEXが出て、青眼の白龍の採用率が上がっている。

ヘルカイザー亮の新カードが出たことから、裏サイバー流のデッキを組んでいる人もいるようだ。

 

そんな今こそ、ドラゴン族に刺さるバスター・ブレイダーの出番ではないだろうか?

「破壊剣士の宿命」を使えば、他の種族にも刺さるので、使って損はないと思う。

 

スポンサーリンク