ゲームの無理な話

ゲームに関する話題をまとめていきます。ゲームのシステムについての話や、ストーリーがあるものについてはその中身も扱う予定です。

スポンサーリンク



【デレステ】お手本機能登場 初心者でもプレイしやすく

人気音ゲー・デレステにお手本機能が追加された。これで、初心者でも気軽に始められるようになった。難しいランクをクリアしないと見られなかったミュージックビデオも、条件が緩和されている。回復スキルなどもあるので、音ゲーが苦手な人も遊んでみよう。

【遊戯王デュエルリンクス】シンクロ召喚・チューナーって何? 出し方は?

遊戯王デュエルリンクスで5D’sワールドが追加され、シンクロ召喚のカードが増えた。よくわからないという人も多いと思う。この記事ではシンクロ召喚の仕方、融合や儀式との違い、チューナーモンスターとは何か、デッキがどう変わるかについて解説する。

【デレステ】ARモード登場 オタクが観光へ

デレステにAR機能が追加された。カメラの画面上にアイドルが現れ、ダンスやポーズをする。この機能は個人で楽しむだけにとどまらない。コミュニケーションを生み、消費を促進する。それに、声がないアイドルでもライブができる。どういうことか説明したい。

【デレステ】ゆずのCM起用で一般向けムードは作れるか?

デレステが3周年を迎えた。コンテンツ全体で6年以上の歴史を誇り、キャラクターは180人以上いる。このままでは新規ファンが入りづらい。そこで、この記事では、新規ファン獲得のための運営の努力を紹介しつつ、デレステへの接し方について提案したい。

【デレステ】音楽配信がスーパーの試食コーナーよりすごいワケ

デレステで最新作を含むイベント楽曲が配信された。そのおかげで、音楽を試聴してから購入するまでの時間が短くなった。これはスーパーの試食コーナーより画期的なことだ。この記事でその理由を説明したい。さあ、あなたもおいしい音楽を召し上がれ。

【遊戯王デュエルリンクス】「U.A.」強力だが、手札事故のリスクも

U.A.(ウルトラアスリート)はU.A.モンスターを手札に戻すことで特殊召喚できる。レベル7のドレッドノートダンカーは貫通効果を持っており、フィールド上のカード1枚を任意で破壊できる効果もある。しかし、下級モンスターが1体しかなく……

原作へのリスペクトがない派生ゲーム 嫌われても仕方ない

人気ゲームから派生して作られた新しいゲーム、あるいはリブートしたゲーム。それらの中には、残念ながら売れなかったものもある。敗因としては原作へのリスペクトのなさが挙げられる。ファンに支持される派生作品を作るため、メーカーはどうするべきか?

【ミニゲーム】キミは遊戯王デュエルリンクスというRPGを知っているか?

遊戯王デュエルリンクスでRPG形式のイベントが開催された。サイコロを使った対決、レンタルデッキでオートデュエルなど、初心者でも遊びやすくなっている。報酬の手に入りやすさと説明のわかりやすさから考えても、デュエルが強くない人におすすめだ。

【遊戯王デュエルリンクス】ミニボックスの内容変更 「ヴァンパイア」などが入り100パックに

遊戯王デュエルリンクスでミニボックスの方式が変更された。100パック入りになり、セールも売り方が変わった。新パックではヴァンパイアなどのテーマが強化されている。新規カードによって既存カードの効果が使いやすくなったので、紹介したい。

【遊戯王デュエルリンクス】「サンダー・ドラゴン」を引くための雷族融合デッキ

バーニング・ノヴァで新規カードが登場した雷族モンスターを使って融合デッキを組みたい。双頭の雷龍は素材のサンダー・ドラゴンを手札にそろえやすいので、オススメだ。電池メン—ボタン型でデッキを圧縮しつつ、融合魔法と融合素材を手札に加えよう。

【遊戯王デュエルリンクス】ヘルカイザー亮ゲットイベント 裏サイバー流は何が違う?

遊戯王デュエルリンクスで鎧黒竜—サイバー・ダーク・ドラゴンが使えるようになった。裏サイバー流はサイバー・ドラゴンとは全く別のテーマなので、デッキを変える必要がある。ドラゴン族モンスターを装備する効果、墓地から融合できる専用カードに注目だ。

【遊戯王デュエルリンクス】「電池メン」 星5モンスターが超出しやすくて強力

光属性・雷族という恵まれたポジションにいる電池メン。特殊召喚がしやすいので、アドバンス召喚にもすぐつなげられる。カードを破壊したり、攻撃力を高めたりする効果もあるので、相手を一気に制圧できる。機械族や他の雷族のカードとも組み合わせてみよう。

【遊戯王デュエルリンクス】「マドルチェ」かわいい上に強い

遊戯王デュエルリンクスでマドルチェのカードが大量に追加された。破壊されたらデッキに戻る共通効果が特徴だ。攻撃力こそ低いものの、効果破壊や特殊召喚、カウンター罠など多彩なカードがそろっている。かわいいデザインも人気なので、ぜひ使ってみよう。

【遊戯王デュエルリンクス】「ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ」&「ラピスラズリ」登場

ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤを含むジェムナイトカードが追加された。融合モンスターを召喚条件を無視して特殊召喚し、大量展開を狙えるカードだ。大量のバーンダメージを狙えるジェムナイトレディ・ラピスラズリなど、厄介なカードも増えた。

【遊戯王デュエルリンクス】2018年7月レギュレーション戦 抜け道は?

2018年7月のレギュレーション戦で、レジェンドデュエリストごとに指定されたカード・スキルを入れるというものが開催された。一部デュエリストが不利にみえるが、そんなことはない。デッキ構成を工夫すれば、強力なデュエリストにも勝てるはずだ。

【遊戯王デュエルリンクス】ストラクチャーデッキEX「沈黙の魔術師」を使ってみよう

遊戯王デュエルリンクスに完全有償のストラクチャーデッキ・沈黙の魔術師が実装された。沈黙の魔術師—サイレント・マジシャンが1枚入っている。魔法カードの発動を無効にできるなどの強力な効果がある。ボックス産の高レアカードも入ったお得なデッキだ。

【遊戯王デュエルリンクス】新イベント・デュエルカーニバルがわかりづらかったので遊んでみた

遊戯王デュエルリンクスで行われているデュエルカーニバル。2つのグループに分かれて戦う紅白戦型のイベントだ。内容がいかにも難しそうだったので、どんなイベントなのかをまとめた。対戦型だが、弱い人でも楽しめるので、ぜひ参加してほしい。

【バンドリ】MVがガチのミュージックビデオだった

バンドリ!ガールズバンドパーティでMVつきの新曲が配信されている。これは単なるイメージ映像だった初期のMVとは一線を画する。演奏シーンが多く、キャラクターが表情豊かに歌う。楽曲の解放条件がやや厳しいが、抜け道はあるので、この記事で紹介する。

【遊戯王デュエルリンクス】「聖騎士」デッキ:「聖剣」を装備して相手カードを破壊

遊戯王デュエルリンクスVer.2.8.0にて、バグが解消され、聖騎士デッキが使えるようになった。聖騎士トリスタンは聖剣を装備することで、相手の表側表示のカードを破壊できる。聖剣を相手のターンに装備できるカードもあるので、この記事で紹介する。

【遊戯王デュエルリンクス】サイキック族デッキには「マテリアルドラゴン」を

デメリット効果として自分がダメージを受けてしまうカードがある。そんなカードを使いたい人にマテリアルドラゴンをオススメしたい。全ての効果ダメージを回復に変えるカードだ。サイキック族の脳開発研究所や最古式念導などもメリットに変えることができる。

【遊戯王デュエルリンクス】2018年6月のリミットレギュレーション OCGとの違いに注意

遊戯王デュエルリンクスで大規模なルール変更があった。一部のスキルが変更され、一部カードのデッキに入れられる枚数に制限がかかる。このリミットレギュレーションがわかりづらいので、この記事で解説する。その上で、弱体化しそうなテーマも取り上げる。

【遊戯王デュエルリンクス】レベルアップせずに使われるサイレント・ソードマンLV3

デュエルリンクスにサイレント・ソードマンが実装された。専用のサポートカードが強すぎて、レベルモンスターなのにLV3だけで勝負がついてしまう状況だ。攻撃力を1500アップする上、相手の効果を受けなくする沈黙の剣。使い方と対策法を紹介する。

【スクスト2】自分なりのフレンド整理の基準

協力戦や新コスイベントを走りたいなら、よいフレンドを得るべきだ。協力戦を頑張りたいのであれば、ステータスの近い人が望ましい。この記事ではステータス画面から読み取れる事柄や、どのようなことを表示しているユーザーが好ましいかをまとめた。

【遊戯王デュエルリンクス】「魔轟神」手札を捨てて効果を発動・適用

魔轟神は暗黒界と同様に手札を捨てる効果を含むが、少し違う。相手の通常魔法の効果を書き換える、手札が一定枚数の場合に効果が使えるなど、魔轟神独自の効果もあるので、紹介していきたい。人気カード・スナイプストーカーとの相性も抜群なテーマだ。

【遊戯王デュエルリンクス】墓地に眠る「武神器」で「武神」をサポート

武神は武神器の力を借りて戦うモンスターだ。武神器は墓地で発動する効果も多く、墓地を肥やすのには魔導雑貨商人が役立つ。ある魔法カードを使うことで手札に武神をそろえることも可能だ。防御札や除去するカードも豊富なので、ぜひ武神を使ってほしい。

【遊戯王デュエルリンクス】「レア・ヴァリュー」追加 宝玉獣の正攻法デッキ

魔法カード・レア・ヴァリューが登場し、宝玉獣デッキが組みやすくなった。今回は22枚+俺の家族だぜ!の30枚でデッキを組む。いろいろなサポートカードがあるのでぜひ覚えよう。魔法・罠ゾーンの使い方が究極宝玉神レインボー・ドラゴン召喚の鍵だ。

【遊戯王デュエルリンクス】ビークロイドとサイバネティック・フュージョン・サポート

丸藤翔がプレイアブルになり、ロイドと名のつくモンスターが本格的に登場した。特に、スーパービークロイド—ジャンボドリルは融合素材を手札・フィールドにそろえるのが大変だ。そこで、サイバネティック・フュージョン・サポートを使う方法を紹介したい。

【デレステ】イベント営業はライブのプレイが前提 報酬も増える

アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージのイベント営業はライブと併用するのがお得だ。強いほうの報酬となっているアイドルが手に入りやすくなる。イベントによっては必ずライブをする必要があるので、注意が必要だ。詳しくまとめる。

【フォトカツ】「アイカツ!フォトonステージ」のサービス終了と今後

アプリゲーム・アイカツ!フォトonステージのサービスが7/11に終了する。既存楽曲と新曲を交えて旧作のフォローをしてきたこのゲーム。歌唱ユニットの解散に伴い、終了する運びとなった。フォトカツの終了は、旧作の今後に影響を与えそうだ。

【スクスト2】変更点まとめ 遊びやすくなるアップデートも

大型アップデート・スクスト2によって、プレイヤーはより遊びやすくなった。ユーザー参加型のメインストーリーとそれに伴う消費探索Pの削減、ステータス画面の充実、そして、高速モードの実装。効率よくなったスクストをぜひもう一度遊んでほしい。

スポンサーリンク