ゲームの無理な話

ゲームに関する話題をまとめていきます。ゲームのシステムについての話や、ストーリーがあるものについてはその中身も扱う予定です。

スポンサーリンク



【遊戯王デュエルリンクス】「聖騎士」デッキ:「聖剣」を装備して相手カードを破壊

強力な「聖騎士トリスタン」を使いこなせ

戦士族モンスターと装備魔法カードで構成された「聖騎士」。

そのままであれば通常モンスター扱いだが、「聖剣」装備魔法を装備することでレベルが1上がって、闇属性に変わり効果を得るというカードが多い*1

 

聖剣は戦士族モンスターに装備できる装備魔法カードだ。

破壊時、1ターンに1回だけフィールド上の聖騎士に装備しなおすことができる共通効果を持っている*2

 

裏を返せば、ターンに一度だけの破壊耐性を持っており、自分の魔法カードが破壊されるなどの効果を防げるカードだ。

 

バージョンアップによってバグ*3が解消されたようなので、これらのカードを紹介したい。

 

 

 

 

聖騎士に何ができるの?

中心的なカードとともに、聖騎士の機能を紹介する。

 

「聖騎士トリスタン」

1ターンに一度、聖剣を装備した場合に、フィールド上の表側表示のカード1枚を必ず破壊する。

トリスタン1体しかいない場合、トリスタン自身か装備した聖剣を破壊することになるので、注意しよう。

 

それに加えて、トリスタンがいる限り、相手はトリスタン以外の自分フィールド上の攻撃力1800以下のモンスターを攻撃や効果の対象にできない*4

この効果はデメリットでもあるが、メリットでもある。

1ターンに一度だけ装備モンスターが破壊されない効果を持つ聖剣もあるので、うまく使おう。

 

「聖騎士ベディヴィエール」

トリスタンの効果を使う上で最も重要な役割を果たすモンスターだ。

 

ベディヴィエールの効果は2つあり、

  1. 召喚時にデッキから聖剣を墓地へ送る。
  2. 表側表示で存在する限り一度だけ、聖剣の装備対象を入れ替える(相手のターンでも使える)。

 

墓地に聖剣があれば、「旗鼓堂々」の効果で墓地から聖剣をトリスタンに装備できる。

2つ目の効果や旗鼓堂々で聖剣がトリスタンに装備されれば、相手モンスターを破壊できる。

 

トリスタンを出す布石にも、トリスタンを出した後の処理にも使える万能カードだ。

 

「栄光の聖騎士団」

デッキから聖剣を選んで、フィールド上の聖騎士モンスターに装備できる速攻魔法カード。

相手ターンに使うことで、トリスタンの効果を発動できる。

 

逆にいえば、相手にトリスタンを表側表示で出されて、伏せカードがある場合は要注意。

先に「封魔の矢」などで上級モンスターの破壊を防ごう。

 

「聖騎士伝説の終幕」

墓地の聖騎士を特殊召喚し、墓地の聖剣を装備する。相手フィールド上にのみモンスターがいる場合に発動できる通常魔法だ。

この効果を使えば、墓地のトリスタンを蘇生させて、相手フィールド上の表側表示のカードを破壊できる。

 

0からモンスターの特殊召喚・装備魔法の装備・相手カードの破壊まで持っていけるのは、とても強い。

ただ、通常魔法なので、自分のターンにしか発動できないところが残念である。

 

「聖騎士トリスタン」の効果で、聖剣を装備するたびに相手の表側表示カードを破壊する。

相手のターンでも聖剣を装備でき、相手の上級モンスターなどを除去できる。

 

他にもトリスタンの効果の発動を助けるカードがある。

軽く触れておきたい。

 

トリスタンをサポートする数々のカード
  • 「聖騎士モルドレッド」は、聖剣を装備している限り、他にモンスターがいない場合にデッキから聖騎士モンスターを守備表示で特殊召喚する効果を得る。
  • 同じく「聖騎士ガラハド」は墓地の聖騎士を手札に加え、聖剣を破壊する効果を得る。
  • 聖剣を装備した「聖騎士パーシヴァル」は墓地へ送られた場合、墓地の聖剣を手札に加える。通常であれば、聖剣は装備し直されるが、フィールド上に聖騎士がいない場合や魔法の効果を無効にされた場合などに使える。もちろん、ベディヴィエールの効果で墓地へ送った場合にも。

 

聖剣の注意点

スペースがないと、墓地・デッキから聖剣を装備できない

Photo via pixabay

 

魔法&罠ゾーンに空きを作る

聖剣を2枚出すと、魔法&罠ゾーンに空いたスペースがないので、旗鼓堂々および栄光の聖騎士団は発動できなくなる。

 

その場合、ベディヴィエールの効果で装備カードを移し替えたり、聖騎士モンスターを自爆させて付け替えるしかない。

 

これらのカードを伏せる場合は、必ず魔法&罠ゾーンに1つ空きを作ろう。

 

聖剣の対象を移し替えたときの処理
  • 聖剣の対象を移し替える聖騎士ベディヴィエールの効果
  • 破壊されたときにフィールド上の聖騎士に装備しなおす聖剣の共通効果

これらの効果を使う際に注意してほしいのが、攻撃力のアップ・ダウンの処理だ。

 

「聖剣アロンダイト」は装備モンスターの攻撃力を下げて、セットされた相手のカードを1枚破壊する。

装備したら直ちに攻撃力が下がるわけではなく、効果を発動しなければ下がらない。

しかし、この効果で攻撃力を下げたモンスターはアロンダイトが破壊されたり、対象が移ったとしても攻撃力は元に戻らない*5

 

一方で、「聖剣ガラティーン」は破壊されたら攻撃力が元に戻る*6

ラティーンの効果は装備した戦士族モンスターの攻撃力を1000アップし、自分のスタンバイフェイズごとに200ダウンさせるというもの。

装備したことで得られる効果という扱いなので、対象を移し替えたり、破壊して装備しなおしたりすることでリセットできるわけだ。

 

「旗鼓堂々」と「栄光の聖騎士団」は魔法&罠ゾーンにもうひとつの空きがないと発動できない。

「聖剣」装備魔法のアップダウンの効果の扱いに要注意。

 

作成例(×22)

今回はトリスタンに効果を使わせるためのデッキだ。

フィールド上のカードを全部破壊できる「約束の地 —アヴァロン—」という超強力カードもあるが、今回は使わない。

発動に必要な「聖騎士アルトリウス」と「魔聖騎士ランスロット」も使わない。

 

.聖騎士モンスター(×11)
  • 聖騎士ガウェイン×2
  • 聖騎士ガラハド×2
  • 聖騎士トリスタン×2
  • 聖騎士パーシヴァル×2
  • 聖騎士ベディヴィエール×2
  • 聖騎士モルドレッド×1


ガウェインはフィールド上に光属性の通常モンスターがいれば、守備表示で特殊召喚できる。

このデッキでいえば、聖剣を装備していないガラハドとモルドレッドがそれに当たる。

お手軽なのは、通常モンスターの「聖騎士アルトリウス」だ。ただし、効果がまったくないので、聖剣を装備しても旨味がない点には注意。

 

聖剣装備魔法カード(×4)


聖剣の同名カードはフィールド上に1枚しか存在できない。破壊耐性もあることから、2枚以上入れると腐ることが予想される。除外対策に「バージェストマ・レアンコイリア」を入れてもよいとは思う。

 

聖剣カリバーンは1ターンに一度500ポイントのライフを回復できるが、自分で発動する必要がある。

 

天命の聖剣は要注意カードのひとつ。というのも、装備モンスターは1ターンに一度だけ戦闘・効果で破壊されない*7。そのため、装備しなおす効果が発動するのは、2回目以降の攻撃となる。守りたいカードに直接装備しよう。

 

その他の魔法カード(×7)
  • 栄光の聖騎士団×3
  • 旗鼓堂々×2
  • 聖騎士伝説の終幕×2


旗鼓堂々は 墓地の装備魔法を正しい対象に装備させる速攻魔法だ。装備したカードはエンドフェイズに破壊される。

 

「融合武器ムラサメブレード」は効果では破壊されないので、この効果と相性がよい。

聖剣の共通効果でも、同じく破壊が防げる。


そもそも、旗鼓堂々はどのエンドフェイズと言っていないので、一度破壊をまぬがれても、次のエンドフェイズに装備魔法を破壊する。

しかし、その効果で破壊された聖剣がもう一度フィールド上のモンスターに装備された場合、それは聖剣自身の効果で装備されたもの。旗鼓堂々の効果は受けない。

 

よって、旗鼓堂々で装備した聖剣が一度破壊されれば、もう一度旗鼓堂々の破壊効果が来ることはない*8

*1:デュアルモンスターではない。光属性通常モンスターに関する効果を持つ聖騎士もいることから、装備する前の聖騎士モンスターもある程度の重要性を持つ。この記事では詳しく紹介しない。

*2:「◯◯は」と名前で指定されているので、本当に1回だけ。

*3:「聖騎士伝説の終幕」が手札に来たときにアプリが強制終了してしまう不具合があった。

*4:対象を選択しない効果は受ける。

*5:聖剣アロンダイト | カードに関連するQ&A | 遊戯王 オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ - カードデータベース

*6:聖剣ガラティーン | カードに関連するQ&A | 遊戯王 オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ - カードデータベース

*7:1ターンに1回しか適用されないので、一度効果で破壊されたらそのターンの戦闘では普通に破壊される。

*8:すでに一度その聖剣が破壊されているターンには、このコンボは使えない。

スポンサーリンク